• 住所: 東京都青梅市今井2-906(金子駅) (地図)
  • 最寄駅:八高線 金子駅 車 6分
  • 営業時間: 09:00〜17:00
  • 定休日: 月曜日

    久保田商店 -金子

    大正13年に初代・久保田為吉氏が始めた酒まんじゅうの店・久保田商店。全てが家族の手作業、添加物などは一切使わず、米麹の発酵の力のみで皮を膨らませる昔ながらの方法で、当時と変わらぬ味を保ち続けています。4代目・記子さんとご主人の和弘さんは、それぞれ本格的に製菓を学び、修行を経た和菓子職人です。誰に言われるでもなく、中学生の頃に自ら志した「久保田のまんじゅうを受け継ぎ、残したい」という気持ちは変わることなく、今に至ります。

    久保田商店の紹介

    久保田商店の商品といえばこれ、酒まんじゅう。全てが家族の手作業、添加物などは一切使わず、米麹の発酵の力のみで皮を膨らませる昔ながらの方法で作られる酒まんじゅう。麹の香りが残る弾力ある生地の中には、甘さ控えめのこしあんが包まれ、創業当時と変わらぬ味を保ち続けています。一度に蒸しあがるまんじゅうは175個。一日に作るのは350個。朝8時半を過ぎると、馴染みのお客様が次々とやってきて、蒸しあがったまんじゅうを10個、20個とまとめ買いしていきます。早い日には午前中で売切れてしまうときもあるそうです。

    ショップ情報

    青梅の昔からの酒まんじゅう屋さん

    久保田商店は大正13年創業の酒まんじゅう屋さん。
    JR八高線の金子駅から徒歩23分、JR青梅線の河辺駅からバスで13分のところにございます。

    和菓子作りの難しさ

    「和菓子はシンプルなものほど美味いが、作るのは難しい。」
    和菓子の修行を積んだ和弘さんが初めてまんじゅう作りを手伝ったときは、
    蒸しあがったまんじゅうはどれも皮が破れ、売り物にはならなかったそうです。
    米麹の発酵の力のみを利用して皮をふっくらさせているため、
    気候によって状態が変わる繊細な作業が、毎日繰り返されます。

    お早めにお買い求めください

    毎朝決まった時間に湯気を上げる蒸篭。久保田商店の朝は4時から作業が始まります。
    朝8時半を過ぎると、常連のお客様が次々とまとめ買いしていきます。
    早い日には午前中で売切れてしまうときもあるのだそう!

    営業時間
    09:00 ~ 17:00 ×

    久保田商店のメニュー

    • 酒まんじゅう

    久保田商店のメニューをもっと見る

    ご予約に関する注意事項

    久保田商店の口コミ

    口コミ・写真はまだ投稿されていません。

    このお店に訪れたことがある方は、
    最初の口コミ・投稿をしてみませんか?

    口コミ・写真投稿

    久保田商店の投稿写真

    表示する投稿写真がありません

    久保田商店の情報

    店舗名
    • 久保田商店
    住所
    • 東京都青梅市今井2-906(金子駅)
    最寄り駅
    八高線 金子駅 車 6分
    電話番号
    0428-31-0905
    公式サイト
    関連リンク 久保田商店 公式サイト Facebook
    サービス
    テイクアウト / 手土産
    定休日 月曜日

    EPARKスイーツガイドとは?

    「EPARKスイーツガイド」では、日本最大級の6,000点以上の商品情報から誕生日ケーキを予約できます。地域や路線、現在地情報をもとにお店を絞り込んだり、有名なパティスリーから地元密着型のケーキ屋さん、デパートや駅構内などのショッピングモールに入っているケーキ屋さんなど、自分にあった誕生日ケーキを探すことが可能です。様々な記念日やシーンにご利用を頂けるように、定番の生デコレーションケーキを始め、女子会や子供に人気なプリントケーキ、キャラクターケーキ、パーティーなどの結婚式二次会・イベント・サークルの打ち上げでおすすめな大型ケーキまで、幅広く品揃えをご用意しております。会員登録料や利用料、年会費、すべて無料!24時間予約可能な誕生日ケーキ情報が探せるので、お子様がいる主婦の方から、お仕事で忙しいお勤めの方まで幅広くご利用頂いております。