京菓子司 彦九郎

  • 最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営浅草線 人形町駅 出口:A1 徒歩2分
  • 営業時間: 月曜日〜日曜日:10:00〜21:00
  • 定休日: 定休日:不定休

包み紙を剥がすと虎柄が現れる、縁起物の「とらやき」

人形町の甘酒横丁、たい焼きの柳屋さんの隣にあるのが、京菓子司 彦九郎です。店主・今江氏の祖父が京都で創業し、昭和26年に東京人形町に移店、その後兄弟分かれをして、平成16年に新大橋店を、平成17年にこの甘酒横町店をオープンしました。職人は店主とお父様のお2人のみのため、一日に販売する量は多くはないのですが、季節に合わせたお菓子を一つ一つ心を込めて作られています。

お店の名物はどらやきならぬ「とらやき」。周りの薄紙を剥がすと虎の模様が出てくることから「とらやき」と名づけました。寅年生まれの男子が3代続くと家が繁盛するという言い伝えから考案された縁起物のお菓子で、贈答品としても人気のお品です。ふわふわのカステラ生地の中には、甘さ控えめのつぶあんがたっぷり詰まっています。

この店舗のメニュー

この店舗のメニューをもっと見る

ショップ情報

  • 下町の風情漂う甘酒横丁には、今も老舗や名店がずらりと並びます。その雰囲気に溶け込むような、江戸情緒溢れる店構えの「京菓子司 彦九郎」。お店の前には緋毛氈を敷いた縁台もあり、その場で召し上がる方にはきちんとグラスで甘酒を提供してくれます。甘酒横丁散策の一休みに立ち寄るのもいいですね。

  • ショーケースには定番のどら焼きやおまんじゅうから、季節の商品、お祝いに用いる手毬の様に華やかな生菓子まで、様々な商品が並びます。生菓子は季節に合わせて常時3~5種類作られていて、定期的に入れ替わります。また、夏場は「氷みかん」「氷ブルーベリー」「わらび餅入り宇治金時」といった、オリジナルのかき氷も食べられます。和菓子屋さん特製の、本物のみかんやブルーベリーがゴロゴロ入ったかき氷は食べ応えがありますよ。

  • 華やかさはない、差別化の難しそうなお菓子ですが、彦九郎のわらび餅は一味違う美味しさ。触ればまるで液体のように柔らかく、口に含むと儚く解けて消えていきます。舌の上に、絶妙な甘さときな粉の香ばしさを残しつつ…。一度食べたらやみつきになるお客様も多く、リピート率No.1の商品です。毎週木曜日のみ、高島屋日本橋店でも販売されています。

ショップ情報をもっと見る

この店舗の投稿写真

表示する投稿写真がありません

この店舗のクチコミ

クチコミ・写真はまだ投稿されていません。

このお店に訪れたことがある方は、
最初のクチコミ・投稿をしてみませんか?

クチコミ・写真投稿

この店舗の情報

店舗名
  • 京菓子司 彦九郎
住所
  • 東京都中央区日本橋人形町2-11-3(東京メトロ日比谷線・都営浅草線 人形町)
  • アクセスマップ
最寄り駅
東京メトロ日比谷線・都営浅草線 人形町駅 出口:A1 徒歩2分
電話番号
03-3634-3633
公式サイト
関連リンク
サービス
イートイン / 近隣配達 / 地方発送(お取り寄せ) / 引き出物対応 / のし
営業時間
10:00 ~ 21:00

【定休日】定休日:不定休

ホールケーキのサイズの選び方

誕生日や記念日などのお祝いごとに欠かせないケーキ。
ケーキ屋さんで、アレ?何号サイズを注文したらいいんだっけ?と悩んだ経験はありませんか?
5号?15cm?などなど。何号って書かれてもどのくらいのサイズなのかわからないですよね…

サイズ ケーキの直径 目安の人数
5号 15cm 4〜6名
6号 18cm 6〜8名
7号 21cm 8〜10名
8号 24cm 10〜12名

EPARKスイートガイドとは?

「EPARKスイーツガイド」では、日本最大級の6,000点以上の商品情報から誕生日ケーキを予約できます。地域や路線、現在地情報をもとにお店を絞り込んだり、有名なパティスリーから地元密着型のケーキ屋さん、デパートや駅構内などのショッピングモールに入っているケーキ屋さんなど、自分にあった誕生日ケーキを探すことが可能です。様々な記念日やシーンにご利用を頂けるように、定番の生デコレーションケーキを始め、女子会や子供に人気なプリントケーキ、キャラクターケーキ、パーティーなどの結婚式二次会・イベント・サークルの打ち上げでおすすめな大型ケーキまで、幅広く品揃えをご用意しております。会員登録料や利用料、年会費、すべて無料!24時間予約可能な誕生日ケーキ情報が探せるので、お子様がいる主婦の方から、お仕事で忙しいお勤めの方まで幅広くご利用頂いております。