おいしいスイーツが食べたい!スイーツ情報まとめサイト

誕生日ケーキ おすすめ

オレオベイクドチーズケーキは見た目もかわいく楽しめる!

白黒のコントラストが美しいオレオを使ったベイクドチーズケーキは見た目にも楽しめる1品。甘い香りとほんのりビターな味わいも感じられて、大人も子どももクセになること間違いなしのおいしさです。

ミルクにもコーヒーにも合いますし、家族みんなで楽しめますね!オレオを活用することで、手軽においしく、オシャレなベイクドチーズケーキが作れますよ!

オレオを使えばおいしい上に見た目もかわいい!

オレオは1912年にアメリカで誕生し、今では世界100か国以上で販売され、親しまれているビスケットです。その売り上げは年間10億ドル以上で、21世紀で最も売れているビスケットブランドと言われます。

発売当初の名前は「オレオビスケット」

発売された当初は「オレオビスケット」という名前で、現在のナビスコが販売を始めました。オレオの名前の起源については諸説あり、フランス語で黄金を意味する‘Ore’が由来とする説や、ギリシア語で美しい、素敵な等を意味する‘Oreo’が起源とする説など、いくつかの説があります。

日本では1971年にヤマザキナビスコ(現ヤマザキビスケット)が「ナビィ」という名前で販売が開始され、1970年代後期に発売を終了しましたが、1987年に「オレオ」として発売され、以来長く愛されています。現在ではライセンス契約の終了に伴い、モンデリーズ・ジャパンから販売されています。

この記事を読んでいる方へおすすめ!

⇒【2018年版】東京で人気のおすすめベイクドチーズケーキ9選 

<チーズケーキ特集はこちら>

オレオには3種類の味

オレオにはバニラクリーム、チョコレートクリーム、ストロベリークリームなどの味があり、小さいサイズのビッツサンドもあります。さらに、クッキー部分を約3ミリの薄さにして、パリッと軽い食感がおいしいオレオクリスピーバニラムースとオレオクリスピーティラミスもあります。

ラインナップが豊富なオレオは、そのままでも豊富な味わいを楽しめますが、ベイクドチーズケーキにアレンジしてもおいしいです!

アメリカではお菓子作りの材料や飾りとしてオレオを使うことが多いそうです。確かに、甘い香りと濃厚な味わいが魅力的なオレオベイクドチーズケーキは、どこかアメリカンな雰囲気も感じさせてくれますよね。

オレオの気になる栄養価は?

そんなおいしいオレオの気になる栄養価ですが、オレオ(バニラクリーム)の箱に記載されていたものは以下の通りです。

栄養成分表示:2枚(標準21.4g)当たり

・熱量(エネルギー) 107kcal

・たんぱく質 1.2g

・脂質 5g

・炭水化物 14.7g

・ナトリウム 73mg

(食塩相当量 0.2g)

ベイクドチーズケーキにオレオを加えれば、そのおいしさが加わりますが、カロリーも加わることになります。カロリーが気になるという方は、食べる量に気を付けるなど工夫するといいでしょう。

ベイクドチーズケーキ

今回はこのオレオバニラクリーム(9枚×2パック)の、1袋分(9枚)を使い切れるオレオベイクドチーズケーキのレシピをご紹介します。型の大きさは15cm丸型を使います。

オレオベイクドチーズケーキの作り方

ベイクドチーズケーキ

材料(15cm丸型1個分)

・オレオ 9枚入り一袋

・無塩バター 15g

・クリームチーズ 150g

・生クリーム 100ml

・砂糖 大さじ5(45g)

・薄力粉 大さじ2(18g)

・卵 1個

生クリームは植物性でも動物性でもOKで、砂糖は上白糖でもグラニュー糖でもOKです。卵のサイズはMを使っています。オレオの風味と甘さが加わる分、砂糖を少し減らしてもよいでしょう。

下準備……オレオを麺棒などで砕く

ベイクドチーズケーキ

オレオをビニール袋などに入れて、麺棒で細かく砕きます。土台部分と上の表面部分の両方の分を合わせて砕くと楽です。土台は細かくしたほうがよいですが、上のトッピングはお好みで大きく砕いても、食感がアクセントになってよいでしょう。

砕いたら半分を土台に使います。土台に使う半分はビニール袋に残しておき、ケーキ生地とトッピングに使うための残り半分はボウルなどに取り分けておくとよいでしょう。

他に準備しておくことは、クリームチーズを室温で柔らかくしておくことと、クッキングシートをケーキ型に敷いておくこと、オーブンを170~180度に温めておきましょう。

クリームチーズは電子レンジで柔らかくすることもできますが、加熱しすぎると柔らかくなりすぎてしまうため、レンジを使うときは200wで30秒ずつかけて、様子をみてください。また、ケーキ型は底が抜けるタイプが取り出すときに楽でよいです。

ステップ1……オレオでベイクドチーズケーキの土台を作ろう

土台に使うバターを電子レンジ500wで30秒ほどかけて溶かし、準備で砕いたオレオの半量と混ぜ合わせます。このとき、砕いたオレオが入ったビニール袋の中に、溶かしたバターを加えて手でもむと簡単です。

ベイクドチーズケーキ

バターとオレオが混ざったら、型紙を敷いたケーキ型の底に敷き詰めます。ゴムベラやスプーンなどを使って、底に押し付けるようにして敷き詰めましょう。敷き詰めたら、冷蔵庫に入れて冷やし固めておきます。

ステップ2……ベイクドチーズケーキの生地を作ろう

ベイクドチーズケーキ

室温で柔らかくしておいたクリームチーズをボウルに入れて、泡だて器で練ります。クリーム状になったら砂糖を加えてよく混ぜます。

ベイクドチーズケーキ

砂糖が全体に混ざったら卵、生クリームを加えてよく混ぜます。

ベイクドチーズケーキ

そこへ薄力粉を加えて、粉がなくなるまで十分に全体を混ぜます。粉っぽさが完全になくまるまで混ぜたら、生地の完成です。

ステップ3……ベイクドチーズケーキをオレオで飾る

できあがったチーズケーキ生地を、オレオで飾ります。

ベイクドチーズケーキ

準備段階で砕いたオレオの残りを、適量取り分けて、生地に混ぜ合わせます。量はお好きな量で大丈夫です。ただし、あまり生地に入れすぎると表面のトッピング部分のオレオが少なくなってしまうので、バランスよく使うようにして下さいね。

また、すべてトッピング部分に使って、チーズケーキの中にオレオを混ぜなくてもよいです。

ベイクドチーズケーキ

生地を型に流し入れたら、残りの砕いたオレオを表面にふりかけます。まんべんなく表面を覆うようにするときれいです。

今回は細かく砕いたオレオでトッピングしていますが、砕かずにオレオをそのままのせたアレンジや、大きめに手で割ったものをのせたアレンジなどもいいですね。

焼くときは焼き過ぎないように!

ベイクドチーズケーキ

オレオをトッピングしたケーキ生地を用意できたら、余熱しておいた170~180度のオーブンで30~35分程焼いて完成です。

オーブンによって温度や時間は多少調整が必要ですが、あまり強火で焼き過ぎると表面のオレオが焦げてしまいそうなので、焼き過ぎないように気を付けるとよいです。

中まで火が通っているかを確認したいときは、竹串などを中央に指します。ケーキから抜いて、竹串に何もついてこなければ焼けています。中がまだ焼けていなくて表面が焦げそうという場合は、表面にアルミホイルをかぶせて焼いてくださいね。

ベイクドチーズケーキ

オレオのベイクドチーズケーキは焼いているときからキッチンに甘い香りが漂ってきて、焼き上がりが待ち遠しい気持ちにさせてくれます。

焼きあがって粗熱が取れたら、冷蔵庫でしっかり冷やしてからいただきましょう。おいしいだけでなく、冷やしたほうが切り分けやすくなります。

土台と生地の中、そして表面にオレオを使ったケーキは、切り分けた断面の美しさも魅力です。土台なしで作ればより簡単ですが、黒、白、黒という配色のコントラストが楽しめる土台ありのオレオベイクドチーズケーキもおすすめです。土台を作る作業は難しくありませんので、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

見た目もかわいく、オシャレなオレオベイクドチーズケーキが手作りできれば、自宅でカフェ気分も味わえそうです。

オレオが好きな方はもちろん、いつもと違うベイクドチーズケーキが食べたい方にもおすすめです!

この記事を読んでいる方へおすすめ!

⇒【2018年版】東京で人気のおすすめベイクドチーズケーキ9選 

<チーズケーキ特集はこちら>

『ベイクドチーズケーキ』の予約はこちら

 

小泉明代

管理栄養士、料理研究家小泉明代

女子栄養大学卒業後、医療機関、小学校に勤務し、保健指導、食育、給食管理等に携わった後、独立。 現在は主にレシピ開発や食・栄養に関するライティングを行っている。アドバイザー、雑誌・トークショー出演、料理講師、フードスタイリング、写真撮影等も行う。栄養学を生かした健康・美容に役立つレシピや季節のおいしさを取り入れたレシピ多数。カラーコーディネーター資格も持ち、見た目にも楽しめる料理・食卓を提案している。