おいしいスイーツが食べたい!スイーツ情報まとめサイト

誕生日ケーキ おすすめ

サクサク感が味わえる!クッキーベイクドチーズケーキの作り方

ベイクドチーズケーキにはクッキーやクラッカーを使った土台があるタイプと、土台がないタイプのものがあります。土台があるタイプとないタイプの違いをご紹介しつつ、クッキーを使った土台がある定番ベイクドチーズケーキのレシピをご紹介します!サクサクの土台とコクのあるチーズ味が楽しめるおいしいケーキです!

チーズケーキの土台はお好みでOK!

ビスケットやクラッカーを使った土台があるタイプのベイクドチーズケーキをよく見かけるかと思います。近年はこのタイプが多いのですが、実は1990年代頃までの日本では、土台がないタイプのものが主流でした。

どちらでもお好みで選んでもらえればよいかと思いますが、以下に二つの違いをまとめましたので、選ぶときの参考にしてくださいね。

違い1……コスト

土台が必要となればその分、材料が必要になります。材料になるのはビスケットやクラッカーとバターなどです。少しかもしれませんが、土台ありのベイクドチーズケーキを作る場合、その分お金がかかることになりますね。お金をかけずに手作りのベイクドチーズケーキを作りたい!というときには土台がないタイプが便利ですね。

違い2……手間

土台ありのベイクドチーズケーキを作ろうとすれば、土台を作る手間がかかることになります。作り方は難しくはありませんが、手軽に作りたい、より短時間で作りたいという方には、土台なしのタイプのほうが作りやすいでしょう。

違い3……カロリー

土台があるタイプでは、その材料の分の栄養が加わることになります。土台の材料はビスケットやクラッカーなどとバターですから、これらを加えるとカロリー(エネルギー)も増えます。

摂取カロリーを控えたい場合には土台がないタイプがおすすめです。カロリーは気になるけど、土台があるタイプが好きという方は、食べた分、たくさん動いて消費カロリーを増やしたり、1回で食べる量を調整したりして、摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとるようにできるといいですね。

このように、土台があるタイプとないタイプでは、土台がないほうが低コストで簡単に作れて、さらにカロリーも低いということで、惹かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし土台があるタイプは、コクのあるベイクドチーズケーキと一緒にクッキーやクラッカーのサクサクした食感も楽しめるというおいしさがあります。最近は土台があるものが多いということですから、やはり人気があるのでしょう。

この記事を読んでいる方へおすすめ!

⇒【2018年版】東京で人気のおすすめベイクドチーズケーキ9選 

<チーズケーキ特集はこちら>

クッキーベイクドチーズケーキの作り方

ベイクドチーズケーキ

材料(15cm丸型1個分)

・クッキー(ビスケット) 45g程度(9枚)

・バター 20g

・クリームチーズ 150g

・生クリーム 1/2カップ(100ml)

・砂糖 大さじ5(45g)

・薄力粉 大さじ2(18g)

・卵 1個

・レモン汁 小さじ2(10ml)

クッキー、ビスケットの種類はお好みのものでOKです。今回のレシピでは、チーズケーキの甘さも考慮して、甘さ控えめのシンプルなものを使いました。同じく甘さ控えめで、独特の香ばしさとうまみのあるグラハムクラッカーもチーズケーキの土台によく使われます。

砂糖の甘さはお好みで大さじ1程度減らしてもよいでしょう。

下準備……土台と生地の準備

土台を作るためにクッキーを砕きます。

ベイクドチーズケーキ

ビニール袋に入れて麺棒などでたたいて、細かくしましょう。このままビニール袋を使うので、砕いた後も袋に入れたままで大丈夫です。あとはバターを電子レンジで溶かしておきます。目安は500wで30秒ほどかけるとよいでしょう。

他に、クリームチーズを室温で柔らかくしておくことと、クッキングシートをケーキ型に敷いておくこと、オーブンを170~180度に温めておくことをしておくとよいでしょう。

クリームチーズを急いで柔らかくしたい場合にも電子レンジを使うとよいです。加熱しすぎると柔らかくなりすぎてしまうため、200wで30秒ずつかけて、様子をみてください。ケーキ型は底が抜けるタイプが取り出すときに楽でよいです。

ステップ1……ベイクドチーズケーキの土台を作る

ベイクドチーズケーキ

細かく砕いておいたクッキーの入ったビニール袋に溶かしたバターを加え、袋を使って手でもんで全体を混ぜ合わせます。

バターが全体に混ざったら、クッキングシートを敷いたケーキ型の底に入れて、ゴムベラやスプーンなどを使って押し付けるようにしっかりと敷き詰めます。敷き詰めたら、冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。

ステップ2……ケーキ生地を作ろう

室温で柔らかくしておいたクリームチーズを泡だて器で練ります。なめらかなクリーム状になったら、砂糖を加えてよく混ぜましょう。

ベイクドチーズケーキ

砂糖がよく混ざったら、卵、レモン汁、生クリームを加えて、全体をよく混ぜましょう。

ベイクドチーズケーキ

しっかり混ざったら、薄力粉をふるい入れて混ぜましょう。

ベイクドチーズケーキ

粉っぽさがなくなり、十分に混ざったら、生地の完成です。

ステップ3……ベイクドチーズケーキを焼く準備をしよう

ベイクドチーズケーキ

冷蔵庫に入れておいた土台入りのケーキ型を取り出して、チーズケーキの生地を入れます。

土台のクッキーが多少ポロポロとして固まっていなくても、チーズケーキ生地が入るので大丈夫です。生地の表面を平らにならしたら、焼く準備完了です。

焼き方は土台ありでもなしでも同じ!

焼く準備ができたら、あらかじめ温めておいたオーブンに入れて、170~180度で30~35分焼きます。温度と時間はオーブンにあわせて調整してください。

ベイクドチーズケーキ

中まで火が通っているかを確認する場合は、中央に竹串を指してみましょう。何もついてこなければ焼き上がりです。生地がついてくるようであれば、もう少し焼いて様子をみてください。

表面は焦げているのに中は生という場合は、アルミホイルをかぶせて焼くとよいです。焼きあがったらオーブンから出して粗熱をとり、型からはずしてお皿に移して、冷蔵庫で冷やしていただきましょう。

クッキーやビスケットにはどんな種類があるの?

そんな土台に使われるクッキーやサブレ、クラッカーなどですが、どれも似ていますね。クッキーとビスケットは国や地域、言語によって混同されていることもあり、定義も異なっているようです。

クッキーは北米で使われる言葉で、小麦粉を主原料とした小さい焼き菓子のことですが、他の英語圏では一般的にビスケットと呼ばれるものです。そのためクッキーもビスケットも同じようなものですが、全国ビスケット協会によると、日本では以下のように違いがあるようです。

クッキー、ソフトビスケット

グルテンの少ない薄力粉を使用し、砂糖や脂肪を多く、水分を少な目に配合し、短時間で練って焼き上げます。サクサクした歯ざわりです。

ハードビスケット

比較的グルテンの多い中力粉麦粉を使い砂糖や油脂を控え、水分を多めにします。火ぶくれができないようにガス抜きの針穴があり、パリッとした歯触りがあります。

クラッカー

イーストを使って発酵させた生地で作ります。高温で短時間に焼き上げたもので、軽い口当たりです。副原料に少量の糖類、脂肪、重曹などを使い、塩をふりかけて焼くソーダクラッカーなどもあります。

似ているようで違うクッキー、ビスケット、クラッカーですが、どれを土台に使ってもベイクドチーズケーキを作ることはできます。色々なアレンジで楽しむのもよさそうですね。


クッキーやビスケットのサクサク感とコクのあるチーズの味わいがおいしいクッキーベイクドチーズケーキ。どちらも味わいたい!という方におすすめです!

この記事を読んでいる方へおすすめ!

⇒【2018年版】東京で人気のおすすめベイクドチーズケーキ9選 

<チーズケーキ特集はこちら>

『ベイクドチーズケーキ』の予約はこちら

小泉明代

管理栄養士、料理研究家小泉明代

女子栄養大学卒業後、医療機関、小学校に勤務し、保健指導、食育、給食管理等に携わった後、独立。 現在は主にレシピ開発や食・栄養に関するライティングを行っている。アドバイザー、雑誌・トークショー出演、料理講師、フードスタイリング、写真撮影等も行う。栄養学を生かした健康・美容に役立つレシピや季節のおいしさを取り入れたレシピ多数。カラーコーディネーター資格も持ち、見た目にも楽しめる料理・食卓を提案している。