誕生日ケーキ おすすめ あなたにぴったりのケーキが見つかる

ケーキを贈るときはラッピングも大切に

頑張って作ったバレンタインケーキ、せっかく上手に作れたのにラッピングの方法が分からず台無しに…なんてことはないですか?今回はケーキの形状に合わせてラッピング方法をご紹介します。ラッピングにもこだわって、より素敵な贈り物にしましょう!

20171222112339

作ったケーキの形状によってラッピング方法を変えると、見映えもよく一段と素敵な贈り物になります。ラッピングの要となるのは、見た目の第一印象です。最近では、百円均一などでもかわいいラッピングの材料がたくさん揃っています。身近にあるものや、百円均一などを上手に活用して、簡単でかわいいラッピングにチャレンジしてみましょう。種類や方法はさまざまですが、ここでは、ホールケーキ、カットケーキ、スティックケーキのラッピング方法をご紹介します。

ホールケーキは「箱」でも「見せるラッピング」でもOK

20171222112217

ホールケーキをラッピングする場合、大きく2通りの方法があります。ケーキを箱に入れるパターンと、袋に入れるパターンです。ここではラッピング方法やポイントをまとめているので、ケーキの形状やデザイン、目的や好みに合わせて選びましょう。

箱を使ったラッピング

まず箱に入れる場合、ケーキ用の箱は百円均一で購入できます。ケーキ用の箱でなくても、ちょうどいいサイズの箱があれば代用も可能です。ケーキが箱の中で動いて崩れてしまわないように、トレイにのせると安心です。箱にリボンをかけるとかわいさがアップします。箱の上にレースペーパーをのせてから、リボンをするのもおしゃれです。

袋を使ったラッピング

袋に入れる場合は「見せるラッピング」ができます。ケーキを透明の袋に入れて口をリボンで結びます。袋は、マチがあるものを選ぶと安定するのでおすすめです。箱と同様にケーキの下にトレイがあると、固定されてケーキが崩れにくくなります。

デコレーションが少ないケーキのラッピング

デコレーションの少ない「ガトーショコラ」のようなケーキの場合は、あえて均等にカットして、カットケーキにします。それを1個ずつ包み、ホールケーキの形に戻すように並べたら、全体を包むように大きくリボンでラッピングしましょう。カットされているので、包丁を使わずにそのまま食べることもできて、パーティー用としてもおすすめです。

どのラッピングでもリボンがポイント

ラッピングのおしゃれ感アップの鍵はリボンです。箱、袋どちらの場合も、リボンが大きなアクセントになります。リボンは、百円均一に行けば色や種類も豊富に揃っているので、質感や幅の違うリボンなど、好みに合うものを探しましょう。違う色や素材のリボンを2本組み合わせて結ぶと、ゴージャスに仕上がります。また、毛糸や麻などのヒモも素朴な雰囲気が出てかわいいですし、ミックスして使ってもおしゃれです。リボンがあるのとないのでは、華やかさが全く違うので、意識的に取り入れましょう。

カットケーキにはワックスペーパーが使える

カットケーキをラッピングする場合は、ケーキの大きさにあった袋に入れて口をリボンで結べば、簡単にかわいく「見せるラッピング」ができます。カットケーキのラッピングには、油分がしみにくいように加工されているワックスペーパーが使いやすくておすすめです。

ワックスペーパー購入時のポイント

ワックスペーパーも百円均一で購入できます。無地のものや柄がデザインされているもの、カットされているものやロール状のものなどバリエーションも豊かなので、使いやすいものを選びましょう。

ワックスペーパーを使ったラッピング方法

ワックスペーパーの上にカットケーキをのせて、形に沿って包むだけでかわいいラッピングができます。レースペーパーをかけてリボンをしたり、マスキングテープや、おしゃれなシールでとめたりするなど、いろいろアレンジしてみましょう。使い捨ての木製フォークを添えて一緒にリボンをかけたり、マスキングテープでとめたりすると、おしゃれでかわいくなるのに加えて、すぐに食べられるのでおすすめです。複数のカットケーキをかごや箱に入れてもかわいく仕上がります。

スティック状のケーキにはキャンディラッピングがおすすめ

スティック状で形が崩れないケーキのラッピングには、キャンディラッピングが簡単でおしゃれに仕上がります。ケーキよりも長めのワックスペーパーを用意してケーキを包み、両端をねじれば完成です。ねじった部分をリボンで結ぶのもかわいいです。透明なシートを使ってキャンディラッピングにすると、「中を見せるラッピング」もできます。シールやマスキングテープをアクセントにするのも素敵です。キャンディラッピングしたものをかごやマグカップなどに複数入れて、さらに透明の袋でラッピングをするのもおしゃれです。マグカップやかごは後になっても使えるので、ちょっとしたプレゼントにもなります。

悩んだときはケーキ屋さんに行くのが◎

いざラッピングをするときに、材料は揃っていてもどのように組み合わせたらいいのか分からなかったり、リボンのかけ方などが複雑だったりして、進まないことがあります。そのように、手作りケーキのデコレーションやラッピングに困ったときは、ケーキ屋さんに並べられているケーキを参考にしましょう。素敵なケーキやラッピングを見ると、新たなアイデアにつながります。また、ネット上で公開されている写真や動画を参考にするのもよいでしょう。

ラッピングを工夫することでケーキの魅力が倍増!

手作りケーキを一段と素敵に見せるには、ラッピングが重要です。今回はケーキの形状に合わせたラッピング方法をご紹介しました。ケーキの形状や好みに合わせて、受け取った側が驚くほど素敵なラッピングに挑戦しましょう。