誕生日ケーキ おすすめ あなたにぴったりのケーキが見つかる

シーンに合わせたケーキの大きさ・サイズの選び方

この記事は4分で読めます

ケーキ、サイズ

お祝い事に欠かせないのがケーキですが、食べる人数によってサイズが変わります。足りなかったり、逆に余ってしまったりしないようきちんとした選び方をしましょう。

ケーキ、サイズ

ケーキの号数はどのくらいのサイズ?

ケーキのサイズは、一般的には「㎝」ではなく「号」という表し方をします。1号=1寸を表し、1寸というのは約3㎝になります。小さめのケーキで4号から販売しているというお店が多いのですが、4号ということは直径12㎝ということになります。つまりが1ずつ上がっていくごとに、が3㎝ずつ長くなるという風に覚えておくとよいでしょう。
丁寧にだけではなくの長さも表記してくれているお店もありますが、中には号数しか書いていないお店もあります。サイズがいまいち分からないとなった場合には、号数に3をかければ大きさが分かるので、ケーキのサイズもイメージしやすくなります。
誕生日などの様々な記念日においてケーキというのは欠かせないものです。そのため一般家庭において需要が高い5号くらいのサイズを販売しているお店がほとんどです。一番小さくて4号(12㎝)のケーキから販売しており、大きいもので7号(21㎝)や8号(24㎝)くらいのものを販売しています。
1号=3㎝なのですが、これはスポンジのサイズとするお店もあれば、クリームを塗った後の完成品のサイズとするお店もあります。ケーキというのはスポンジにクリームをコーティングするため、スポンジをそのサイズで用意すると、それにクリームを塗った際に必ずひとまわり大きくなってしまいます。スポンジを少し小さめで用意し、クリームを塗った完成品のサイズが通りの長さになるようにしているお店もあれば、スポンジをサイズ通りに用意し、それにクリームを塗ることで完成品がのサイズよりも少し大きくなっているお店もあります。人間の手が作り出すものなので、多少の大小はあります。つまり完成品が必ずしもそのサイズになっているとは限らないということです。
お祝いの席でよく用意されるケーキは生クリームを塗ったショートケーキですが、中にはチーズケーキやムースケーキなど、クリームを全体に塗らないケーキもあります。

ケーキ、サイズ

人数からケーキのサイズを選ぶには?

1号=3㎝ということが分かれば、あとは号数に3をかけるだけなのでおおよそのホールケーキのサイズが分かります。しかしサイズが分かったところで、目安の人数を理解していなければどのような選び方をすればいいのかは分かりません。

ケーキの直径を知るよりも、号数に対する目安の人数を覚えておくことの方がケーキを選ぶ上では大切なのです。まずケーキのサイズの選び方です。

それぞれのサイズに食べる人数の目安が決められています。一番小さいサイズの4号は2~4名、5号は4~6名、6号は6~8名、7号は8~10名、8号は10~12名です。

4号 5号 6号 7号 8号
2~4名 4~6名 6~8名 8~10名 10~12名

この目安を見ると、一般家庭においては4号や5号で十分なサイズとなります。あくまで目安なので、食べる人のことを考えてサイズを1つ上げたり下げたりという調整をすると良いでしょう。

例えば、夫婦と子ども2人の家族4人の家庭で用意する場合、子どもが2人とも小さくてほとんどケーキを食べないという場合には一番小さい4号を用意すると良いのですが、もしたくさん食べるという場合には5号を用意すると良いでしょう。
また祖父母などを加えて家族6人くらいで食べるとなった場合でも、お年寄りがケーキをたくさん食べるということは考えにくいので小さ目の5号で十分足りると予想できるのですが、いざ足りないという事態を防ぎたいのであれば安全圏をとって6号を用意すると良いでしょう。

このようにサイズによる人数の目安だけを参考にした選び方では失敗してしまう恐れもあります。一番大切なのは誰が食べるのか、どれくらい食べることが予想されるのかで大きさを決めるということです。

万が一どうしても人数からケーキの大きさを選ぶことができないというのであれば、ホールではなく既にカットされているケーキを人数分だけ買うというのも1つの手段です。この方法であれば様々な種類のケーキを用意することができるため、食べる人の得手不得手を考える手間も省くことができます。

また丸型だけではなく四角型のケーキを用意してくれるお店もあります。丸型よりも四角型の方がその時の状況に合わせて大小のカットがしやすくなります。店頭に出ているのは基本的に丸型の場合が多いため、特別な形を用意するのであれば事前に予約しておくと対応してくれます。

ケーキ、サイズ

シーン別!おすすめのケーキのサイズは?

お祝い事には様々なシーンがあります。一般的なのは誕生日ですが、結婚記念日や出産祝い、ひなまつりや子どもの日など、ケーキを用意する機会というのは1年を通して見ると実はとても多いものです。

多くの人がどのような味にするかに重点を置いて選びがちですが、それぞれのシーンに合わせたケーキ選びというのも重要です。

まずケーキには一般的に丸型と四角型の2種類があります。キャラクターものになると独特な形であったり、ドーム型であったり様々ですが、多いのはこの2種類の形です。丸型はカットの都合からどうしても少人数向きのものとなってしまいます。

それに対し四角型は小さめにも大きめにもカットできるためとても融通がきくことから大人数向けのものとなります。家族でのお祝いであれば丸型で、食べる人数に合わせて号数を選ぶというのがおすすめです。

もし子どもの初節句など親族を交えて大人数での食事会をするような祝いの席であれば、丸型でも7号や8号といった大きめのサイズを用意する必要があります。しかし人数が多いということは丸型のカットはどんどん難しくなっていきます。

8等分までは簡単にできるのですが、奇数でのカットや8以上になるとカットのバランスが難しくなります。切り分けの心配が出てくるようであれば四角型にする方が安心です。

クリスマスやホームパーティーなど、大人数で楽しむ席の場合には四角型がベストです。こうした団体でのイベントの場合には、当日になって参加者の人数が変動する場合があります。

事前に把握していた人数分のサイズでケーキを用意していたとしても、病欠などによって当日人数が大幅に減ってしまうということがあればせっかく用意しても無駄になってしまいます。そうした際にカットの融通がききやすい四角型の方が切り分けやすいです。

また四角型の方がデコレーションの幅が広がるため、特別感のあるケーキを用意しやすいというのもメリットの1つです。少人数の結婚式の場合、ウェディングケーキは丸型が多く、大人数の結婚式にウェディングケーキの四角型が多いのはこれらの理由も含んでいます。

どのような場でケーキを食べるのか、またどのような演出をしたいのかを考えて大きさを選ぶことも大切なのです。

まとめ

せっかく用意するのであれば、食べる人が満足するサイズで選びたいものです。そのため号数であったり、号数による目安の人数であったりという基本的な知識は知っておく必要があります。

もし選びにくいようであれば、店頭スタッフなどに相談すると良いでしょう。彼らはケーキのプロなので、どれくらいの人数で食べるのか、どういったシーンで食べるのかということを加味して適切な大きさのものを提案してくれます。迷ったら適当に選ぶのではなく相談することをおすすめします。

 

『誕生日ケーキ』の予約はこちら