誕生日ケーキ おすすめ あなたにぴったりのケーキが見つかる

スマホでケーキを撮りたい!おいしく見せる撮り方は?

最近は、料理の写真をTwitterやFacebook、Instagramなどでアップする人が多いですよね。レストランで食事の前にスマホ撮影をしている人も少なくありません。そして、数ある料理やお菓子の中でも特に芸術的なケーキはぜひ写真におさめておきたいもの。上手に撮れたら、SNSにアップしてみんなと共有したいですよね。

でも、実際に撮影すると思ったように撮れていない…なんていうことはありませんか? 実物はもっとおいしそうなのに!と、歯がゆい気持ちになりますよね。ここでは、スマホで上手にケーキを撮るコツをご紹介します。ぜひ参考にして、素敵な写真を撮ってくださいね!

スマホでケーキを撮るコツ

f:id:atoj:20170619120812j:plain

スマホでキレイな写真が撮れないと、やっぱり一眼レフじゃないと…と思うかもしれません。しかし、ちょっとしたコツをマスターすればスマホでおいしそうな写真を撮ることも十分に可能ですよ!

周りを片付ける

写真撮影をする前に、被写体の周囲を片付けるのは基本中の基本です。主役のケーキを目立たせるためにも、余計なものはない状態にしておきましょう。このひと手間だけでも、写真の出来が変わってきますよ。

構図を工夫する

同じケーキでも、構図を変えるだけで驚くほど見え方が変わります。いろいろな構図で何度も試してみるのが一番ですが、カフェなどではそんなこともしていられませんよね。以下の点に注意しながら、構図を考えてみてください。

ケーキをアップにする

ついケーキ全体を写したくなってしまいますが、これは逆効果です。全体を写真におさめてしまうと、こぢんまりとした印象になってしまうのです。構図を考えるときには、ケーキをアップにすることを意識しましょう。理想は、写真の70%をケーキが占めることですよ。

ケーキを写真の隅に寄せる

メインの被写体が写真のど真ん中にあると、どこか素人感の漂う写真になってしまいます。写真の真ん中にケーキを置くのではなく、隅に寄せるようにしましょう。Instagramなどを見ても、おいしそう!と感じる写真は料理が隅に寄っていることがほとんどです。ぜひ一度チェックしてくださいね。

斜め45度から撮る

どのようなデコレーションがされているかを伝える目的の写真であれば、真上からケーキを撮影するのもいいかもしれません。しかし、おいしく見せることが目的であれば斜め45度を意識しましょう。普段料理を見ている角度のため、写真を見ていて自然に感じます。また、写真に自然な光が入るのもこの角度ですよ。

フォークを一緒に写す

ホールケーキの写真であればフォークは必要ありませんが、切り分けられたピースのケーキならフォークを一緒に写すのもオススメです。これによって臨場感が増し、これからケーキを食べる情景が思い浮かびます。また、紅茶やコーヒーを写真の一部に入れるのもいいですね。

光の活用方法

キレイな写真を撮る人は、光の活用方法を熟知しています。光は、上手に利用すればおいしそうなケーキの写真を撮るための強い味方になります。人間が被写体である場合とは異なるので、必ずチェックしてくださいね。

明るい場所で撮る

暗い場所でフラッシュを使ってキレイに撮影することも不可能ではありませんが、非常に難度が上がります。できるだけ明るい場所で撮るようにしましょう。

自然光を利用する

写真を撮るときには、蛍光灯などの人工的な光よりも自然光がベストです。日中に、窓に近い自然光が入る場所で撮影をするのがオススメですよ。

余分な光をカットする

室内にいると様々な方向から光が当たりますよね。しかし、これだと影もいろいろな方向にできるためどこかぼやけた写真になってしまいます。可能であれば、いらない光を消してから撮影するようにしましょう。

逆光かサイド光で撮る

写真を撮るときには、影が後ろにできる順光か、影が前にできる逆光か、影が横にできるサイド光かの3つの選択肢があります。人物を撮影するときに、逆光がNGなことは有名ですよね。顔が暗くなり、表情が見えにくくなってしまいます。そのため、顔がはっきり見える順光、あるいはサイド光で撮影されます。

しかし、意外なことにケーキを撮るときには順光はよくないのです。光が全体にあたるため、のっぺりとして印象に残りにくい写真になってしまうのです。ケーキをおいしそうに見せるためには、立体感が大切。必ず逆光かサイド光で撮影するようにしましょう。

レフ板を利用する

こだわって写真を撮りたいという人には、レフ板の使用をオススメします。レフ板を使うと、光を反射させたり影を取り除いたりすることができます。

ケーキの写真を撮るときには逆光またはサイド光がよいと説明しましたが、デコレーションケーキは真っ白のため影が黒く出すぎてしまいます。レフ版を使えば影を目立たなくすることができるので、よりケーキの白さを強調することができますよ。

オススメのスマホアプリ

f:id:atoj:20170619120835j:plain

確かに、カメラの性質そのものを比べればスマホは一眼レフカメラには及びません。しかし、スマホにあって一眼レフカメラにはないものがありますよね。そう、スマホアプリです! スマホアプリを上手に利用すれば、より良い写真を撮ることができますよ。

ここでは、ぜひオススメしたいスマホアプリを2つご紹介します。ぜひ試してくださいね。

Foodie(フーディー)

料理の撮影に特化したスマホアプリが、Foodieです。これを使えば、プロ顔負けのケーキ写真を撮ることだって可能です。

アウトフォーカス機能を利用すれば、まるで一番レフで撮影したかのような写真に。また、「サクサク」「ジューシー」などのユニークなフィルターがあるのも魅力です。消音機能があるので、落ち着いたカフェやレストランでもシャッター音を気にせずに何枚も撮影することができますよ。

このアプリは、撮影したらすぐにSNSにアップできるようになっています。素敵なケーキに出会ったら、時間差ゼロですぐに友達とシェアすることができますよ!

料理をカメラで写真加工&グルメ検索SNS ミイル

おいしそうな料理でたくさんの人と繋がりたいなら、このアプリがオススメです! 上手に撮れたケーキの写真をアップすれば、きっと多くの人が「食べたい!ボタン」を押してくれるはず。

他のユーザーの料理写真が見れるので、素敵な写真があったら「食べたい!ボタン」を押したりコメントを残したりしましょう。料理好きの人たちと、写真を通して輪を広げることができますよ。

もちろん、写真を加工する機能も搭載されています。他の人に公開せずに、加工の機能だけ利用してもOKですよ。

まとめ

f:id:atoj:20170619120857j:plain

どんなに上手にケーキが焼けても、どんなに評判のお店のケーキでも、上手に撮れなければそのおいしさは伝わりません。ケーキの魅力が伝えられないような写真では、SNSにアップする気にもなりませんよね。

でも、ちょっとしたコツを1つ掴むだけで写真の腕はぐっと向上します。ケーキを撮影するときには、ぜひここでご紹介した方法を試してください。写真を見た友人に「おいしそうなケーキだね!食べてみたい!」なんて言われるかもしれませんよ。