誕生日ケーキ おすすめ あなたにぴったりのケーキが見つかる

敬老の日はケーキと手作りメッセージでお祝いしよう

敬老の日,ケーキ

毎年敬老の日はどんなお祝いをしていますか?9月半ばの連休に家族そろって、敬老の日をお祝いできたら良いですよね。しかし、敬老の日は何を祝うのかあまり詳しく知らない、という方も多いかもしれません。いつもなんとなくプレゼントを渡して終わり、となってしまってはいないでしょうか。こちらでは敬老の日について、由来やプレゼントとメッセージのポイント、お祝いの仕方についてご紹介していきます。

敬老の日って何を祝うの?

敬老の日,ケーキ

敬老の日がいつだかわかりますか?まずは今年の敬老の日を確認しましょう。敬老の日の由来を知って、おじいちゃん、おばあちゃんのこれからの長生きを願い、お祝いしましょう!

敬老の日はいつ?

敬老の日は毎年9月の第三月曜日で、2017年は9月18日です。2002年までは毎年9月15日と決まっていましたが、ハッピーマンデーの制度により2003年から毎年9月の第三月曜日になりました。

敬老の日とは?由来について

敬老の日は、兵庫県の野間谷村で1947年9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのが始まりと言われています。

農閑期にあたり気候も良いため、9月15日という日取りが選ばれたようです。村長から県内市町村への働きかけもあり、1950年に兵庫県が9月15日を「としよりの日」としました。

1963年には老人福祉法で9月15日が「老人の日」として定められ、1966年には国民の祝日「敬老の日」として全国に広まりました。そして現在では9月の第三月曜日と定められています。

最初は地域の「敬老会」として始まった敬老の日が、月日を経て日本全国で「長寿を祝う日」へと変化し今でも続いているのです。

敬老の日のプレゼントは子供の手作りメッセージが◎

敬老の日,ケーキ

敬老の日に渡すプレゼントは何にするか決めていますか?敬老の日のプレゼントでよくプレゼントするものをピックアップしてみました。

敬老の日のプレゼントで多いのは?

敬老の日にプレゼントを渡す方も多いでしょう。名入れギフトやお酒、スイーツ、花、旅行券といったものが、よくプレゼントされているようです。

名入れギフトをプレゼント

名入れギフトは、例えば、湯のみ茶碗、マグカップ、箸などに名前を入れたものです。毎日使えるような実用的なものがおすすめです。ひと手間かけて特別なものを贈ろうとしてくれたその気持ちと、世界に一つだけのプレゼントにきっと喜んでくれるはずです。

お酒をプレゼント

お酒は、好きな人には喜んでもらえるでしょう。ただ、お酒を選ぶときのポイントは本人の好きなお酒の種類をリサーチしておくことです。そのなかでめずらしいものや、少し高級なものを贈ればより特別感が出ます。

スイーツをプレゼント

スイーツは、おじいちゃんにもおばあちゃんにも人気のギフトです。甘いものを食べると、幸せな気分になりますよね。お茶の時間を少しぜいたくな気分で過ごせるような、普段本人が選ばないタイプのスイーツもおすすめです。

お花をプレゼント

お花は、おばあちゃんに人気です。毎年贈っても、花の種類やアレンジメント次第で違った雰囲気を出せるので、マンネリ感が出にくいギフトです。数年間美しい状態を保てるプリザーブドフラワー、鉢花なども人気です。ガーデニングが好きな方であれば、花の苗を贈るのも良いでしょう。

旅行をプレゼント

旅行が好きなおじいちゃん、おばあちゃんには旅行券が喜ばれます。旅行のコースを選べるカタログギフトにすれば、旅行先を選ぶ楽しみも贈ることができますね。

メッセージカードをプレゼント

子供や孫の安全や健やかな成長を願うおじいちゃん、おばあちゃん。手作りメッセージからは、子供からの感謝の気持ちや孫の成長が感じられます。自分たちを気遣う言葉はいつもらっても嬉しいはずです。

毎年プレゼントについているお店のメッセージカードで済ませてしまっているという方や、プレゼントを贈りたいけれど準備をする時間がない!という方はメッセージカードを手作りしてみましょう。

メッセージカードにはどんなメッセージを書けば良い?

子供や孫からすれば、普段手紙を書き慣れていなくて、どのようなことを書いて良いか分からないということもあるでしょう。そのようなときは「日頃の感謝」と「これからも元気で長生きしてほしいという希望」を書いてみましょう。

また子供の立場であれば、孫の成長ぶりや最近の出来事などを伝えてあげるのもおすすめです。孫である小さな子供が書くのであれば、本人のやりたいようにさせてあげましょう。大人では考え付かないようなユニークなメッセージカードができあがるかもしれません。

何よりも「手作り」ということが大事です。家族で協力しながら、心を込めてメッセージを書いてみてくださいね。

メッセージカードはこんなアレンジも◎

孫の描いた絵や作品を添えて贈るのも、きっと喜んでもらえます。孫が描いたおじいちゃんおばあちゃんの似顔絵や、おじいちゃんおばあちゃんとの思い出の絵など、ずっと大切に持っていてくれるのではないでしょうか。

より実用的にしたいなら、孫が描いた絵をトートバッグやマグカップにプリントして贈るのも良いですね。特別感もありますし、孫の存在をいつも身近に感じてもらえます。

ケーキを買って敬老の日をお祝いしよう

敬老の日,ケーキ

敬老の日のお祝いに、家族全員であつまってケーキを食べるのはいかがでしょう。おじいちゃん、おばあちゃんの好みのケーキと家族みんなで敬老の日をお祝いできれば、きっとすてきなひと時になりますよ。いつもはプレゼントだけという方に、ぜひおすすめです。

好みに合わせてケーキを選ぼう

特別なお祝いの日に欠かせないのが、ケーキです。プレゼントと手作りのメッセージと一緒にケーキで敬老の日をお祝いしましょう。気を付けたいのが、おじいちゃん、おばあちゃんの食べ物の好みです。年を重ねると、食が細くなりがちです。大きいホールケーキはなかなか食べきれないでしょうし、生クリームたっぷりのケーキは少し胃に負担がかかるかもしれません。

小さめのホールケーキや生クリームが少なめで生地のおいしさを味わえるロールケーキ、一口サイズのケーキを数種類など、体調や好みに合わせて選んでみてください。

最近ではオーダーケーキも人気があります。おじいちゃん、おばあちゃんの似顔絵や孫のイラスト入りケーキなども喜ばれるのではないでしょうか。

親子三世代そろってお祝い

おじいちゃん、おばあちゃんにとって最もうれしいことは、子供や孫が会いに来てくれることです。直接顔を合わせれば、お互い元気かどうか確かめられて安心できますよね。現代はテレビ電話でいつでも姿を見ることもできますが、直接会って同じ場にいるというのはやっぱり特別です。

会わなくても姿を見ることのできるこの時代にわざわざ会いに来てくれた、という事実を、よりいっそう貴重なことだと思ってくれるかもしれません。親子三世代でケーキを囲んで、だんらんの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

敬老の日のお祝いの仕方などについて、まとめてみました。何よりお祝いする気持ちが大切です。特別なイベントは普段は言えない感謝の気持ちを伝える良い機会でもあります。このチャンスを逃さずに、心のこもったメッセージをぜひ考えてみてください。今まで敬老の日をお祝いしてこなかったな、という方も、今年の敬老の日はぜひ、家族そろってお祝いしてみてはいかがでしょうか。