誕生日ケーキ おすすめ あなたにぴったりのケーキが見つかる

子供のハーフバースデー(6ヶ月)に喜んでもらえるおすすめのケーキ

ハーフバースデー

ハーフバースデーとは、日本では赤ちゃんが生まれてから半年が経ったときにお祝いをする日として広まっています。

1歳の半分、ということで、特別なケーキを用意してお祝いする家庭が多いです。しかし、本来の由来はアメリカやイギリスで始まったことで、長期休暇中に誕生日が来る子供が祝ってもらえないことを失くす風習があったようです。

そのため、生後半年の子供でなくても祝っている家庭もあります。今回は生後半年の赤ちゃんと幼少期の子供、そして子育てを頑張る親へのハーフバースデーケーキについてご紹介します。

ハーフバースデー

ハーフバースデーは離乳食のケーキ!

ハーフバースデーの主役は、なんといっても、生後半年にしかならない赤ちゃんです。まだハイハイもしなければ、最近ようやく離乳食のおかゆを始めたという子も多いと思います。

赤ちゃんや、その家庭の方針によっては、まだ母乳やミルクしかあげていないという場合もあります。なので、ケーキを用意してお祝いをするといっても、普通の大人用のケーキを赤ちゃんに食べさせるわけではありません。

お食い初めのように、大人の料理を用意して、食べさせる真似をする、というのも良いかもしれませんが、万が一手を出されて生クリームなどを口にしてしまっては、お腹の調子も悪くなってしまうかもしれないので気をつけないといけません。

ハーフバースデーとしてお祝いをする日までに離乳食を始めているのであれば、おかゆを使った離乳食のケーキを用意するのがおすすめです。

本物のケーキとは違って甘くはありませんが、見た目はケーキのように可愛らしく仕上げることができます。野菜も取り入れ始めているのであれば、ニンジンやカボチャといった黄色のもの、ホウレン草や小松菜などといった緑色のものがあると、よりケーキらしく華やかに仕上げることができます。

作り方はとっても簡単なので、毎日の離乳食を作る要領で出来あがってしまいます。まずはおかゆで丸くケーキのスポンジのような土台を作ります。

その上にニンジンやホウレン草などの色味のある野菜を、ゆでてすりつぶして小さく丸い状態にしてのせていきます。あとは、ハーフバースデーということで、6の数字のろうそくや、好きなキャラクターの飾りなどをのせれば、離乳食のケーキの完成です。

赤ちゃんがすでに大食いの素質を持ち合わせているような場合は、少し大きめに作ったり、小食の赤ちゃんであれば小さめにしたりと、大きさを変えられるのも手作りならではでしょう。

お母さんが作ってくれた初めてのケーキということで、普段とは見た目も違ってみんなにお祝いされながらの食事は赤ちゃんにとっても新鮮でいつもよりパクパク食べてくれる子も多いようです。

まだ離乳食を始めていない場合や、これを機に離乳食を始めてみようと考えている場合も、試しに一度作って見せてみたら食事に興味が出てくるかもしれません。

ハーフバースデー

ハーフバースデーケーキを購入する注意点

ハーフバースデーをお祝いするときに、食べられるケーキとはまた別に、おもちゃのケーキを購入する人もいます。

よく出産祝いでおむつを丸めてタワー状にしたものを飾り付けて送る、ということがありますが、ハーフバースデーでも同様にそのおむつケーキを購入してお祝いする家庭もあります。

生後半年ならおむつもまだまだたくさん使うので、お祝いが終わってしばらく飾った後には使用して片づけることが可能なので便利です。

ただ、この頃の赤ちゃんの成長は早く、オムツのサイズがいつの間にか合わなくなっていた、また違うメーカーのものにしたら肌に合わずにかぶれてしまった、ということもあるので注意が必要です。

他にも、上質なタオルを使ってケーキのような飾り付けをあしらった商品もあります。小ぶりなおもちゃが上にのせてあったり、リボンで可愛くまとめられていたりするので、プレゼントにするのにもおすすめです。

これもオムツと同様お祝いが済んだら少しの間、飾っておいてそのあとタオルとして普通に使うことができます。赤ちゃんがいる家庭ではタオルは何枚あっても嬉しい必需品です。お肌も敏感な時期なので、上質な綿100%のものを選ぶのが良いでしょう。

ハーフバースデーは、赤ちゃんの健やかな成長をお祝いするものでもありますが、お父さん、お母さんに赤ちゃんが生まれて半年、子育てを頑張ってきた労いの気持ちとして大人用のケーキを用意するのも喜ばれると思います。

特に初めての出産の場合、何もかもが初めてで、寝不足にもなり、疲れている人も多いでしょうから、そんなサプライズでもあれば、また明日から子育て頑張ろうという気になるかもしれません。

授乳中のお母さんの場合小ぶりのフルーツがたっぷり乗ったようなものがおすすめです。乳製品の使用を極力抑えたケーキをお店の方にオーダーすることで、体のことを考えたケーキを食べるようにしましょう。

また、生クリームがもともと苦手であれば、スポンジの部分だけをスーパーなどで買ってきて、水切りヨーグルトで飾り付けをするのもおすすめです。

ハーフバースデー

幼少期の子供のハーフバースデーケーキ

ここからは、生後半年の赤ちゃんの話ではなく、通常のケーキを食べられるようになった子供のバースデーケーキについてお話しします。

保育園や幼稚園、学校で誕生日を祝ってもらえなかったことはありますか?忘れられたわけではなく、単に休日だったために祝ってもらえなかったときもあるはず。

仕方がないとしても、悲しいものです。そうした子供たちのためにハーフバースデーは広まってきました。

ケーキを食べられるようになったといっても、初めて食べるとなると心配なことは食物アレルギーです。ケーキの主なアレルギー要素は牛乳、卵、小麦。これらを使っていないケーキを用意すると安心です。

最近では、牛乳、卵、小麦を使わないケーキを作れるお店が出てきています。ハーフといっても誕生日

友達と一緒に楽しくケーキを食べたい子も多いはずです。どんな子でも安心して食べられるケーキを用意してあげれば、トラブルなくパーティーを楽しめるでしょう。

もちろん大人も食べられるものなので、一緒に食べて楽しく過ごすことができます。ケーキの大きさを考えて人数分あるかのチェックも怠らないようにしましょう。

まとめ

ハーフバースデーというひとつの節目のお祝いとして、ケーキなんて、と考えていた人でも様々なアイデア次第で楽しくお祝いできるのではないでしょうか。

まだ小さい赤ちゃんなので、あれこれ準備できないという人もいるかもしれません。自分ができる範囲で飾り付けを手作りしてみたり、離乳食のケーキを作ってみたり、無理のない範囲でお祝いの準備ができたら、後々振り返ったときに良い思い出となることと思います。

食べられるようになった子供も同様です。「今年は日曜日が誕生日だから、友達には祝ってもらえない」と落胆している子が、ハーフバースデーで祝ってもらえると嬉しいはずです。

また、親を労うためのバースデーでもあるので、特に子育てで忙しくなるお母さんをお父さんが祝う、または兄弟や親戚の立場からいきなりのサプライズ。

そんなこともして一年の行事を一つ増やしてあげると喜んでくれるのではないでしょうか。行事を増やしてケーキを食べながらコミュニケーションを取ることで、家族間の交流もより深まると思います。

 

『誕生日ケーキ』の予約はこちら