誕生日ケーキ おすすめ あなたにぴったりのケーキが見つかる

チョコレートケーキは何種類?バレンタインにケーキをおくりたい人は必見!

今回は、バレンタインでは必須のチョコレートケーキについてご紹介します。一口に「チョコレートケーキ」といっても種類は豊富です。相手の好みに合わせて、チョコレートケーキを選びましょう。

ネット予約限定クーポン

バレンタインケーキ,種類

バレンタインにチョコレートは必須です。チョコレートの商品はさまざまですが、今年はチョコレートケーキを贈ってみませんか?種類も豊富で、贈りたい相手に合わせて選ぶことができます。「バレンタインに何を贈れば喜んでくれるかな?」と迷っている方は参考にしてみてください。

種類が豊富なチョコレートケーキ

バレンタインケーキ,種類

ケーキの種類はたくさんありますが、なかでもチョコレートケーキは子供にも大人にも大人気です。そんなチョコレートケーキですが、何種類思いつくでしょうか?

実は、チョコレートケーキの種類は意外に多く、10種類以上あるといわれています。「チョコレートケーキの種類がこれほど多いと思っていなかった」と驚かれる方も多いかもしれません。

ここでは、バレンタインに贈るのにぴったりなチョコレートケーキについてまとめてみました。

チョコレートケーキと言えば「ガトーショコラ」

バレンタインケーキ,種類

出典:https://sweetsguide.jp/product/13808

「ガトーショコラ」は、知らない人がいないくらいなじみのあるケーキで、チョコレートケーキの王道です。「ガトーショコラ」はフランス語が語源で、「ガトー」は「焼く(焼き菓子)」、「ショコラ」は「チョコレート」を意味しています。

「ガトーショコラ」をそのまま訳すと「焼きチョコレート」となりますが、それくらいふんだんにチョコレートが使用されたケーキです。フランスでは、焼いたチョコレート菓子のほとんどを「ガトーショコラ」と呼びますが、日本では、溶かしたチョコレートとバターのなかにメレンゲと小麦粉を入れて焼き上げたケーキを指します。

生地はメレンゲを使うのでふんわりとやわらかな食感です。形状は丸型が多く、表面に粉砂糖があしらわれたものをよく見かけますが、フルーツやナッツを加えたガトーショコラもアクセントがきいて面白いです。

チョコレートがとろけ出る「フォンダンショコラ」

バレンタインケーキ,種類

出典:https://sweetsguide.jp/product/23688

なんといっても「フォンダンショコラ」の特徴は、ケーキの中からとろけ出るチョコレートです。フランスのチョコレートケーキで、フランス語で「フォンダン・オ・ショコラ」といいます。

「フォンダン」には「とろけるような」という意味があり、まさしく「フォンダンショコラ」の特徴そのままです。「フォンダンショコラ」の真ん中には「ガナッシュ」が入っているため、ケーキを焼く際は中まで火を通しません。

「ガナッシュ」とは、溶かしたチョコレートに生クリームを混ぜて作る口溶けのよいチョコレートのことです。

「フォンダンショコラ」を切ると中からトロッと出てくるのがこの「ガナッシュ」で、チョコレート好きにはたまらない一品です。温かい「フォンダンショコラ」に冷たいアイスクリームを添えて温度差を楽しみながら食べるのもおすすめです。

四角で平らな形状の「ブラウニー」

バレンタインケーキ,種類

出典:https://sweetsguide.jp/product/21717

「ブラウニー」はアメリカの伝統的なチョコレートケーキで、平らで四角い形状が特徴です。 「ブラウニー」という名前は、チョコレートの茶色「ブラウン」から来ているといわれています。

「ブラウニー」は食べ応えのあるどっしりとしたケーキですが、ひと口大に切り分けて食べるのが一般的です。小麦粉にチョコレートやバターなどを混ぜ合わせ生地を作り焼き上げていきますが、くるみやナッツなどを混ぜ合わせているものも多く、食感や風味も楽しめます。

特に、濃厚なチョコレートの風味とナッツの食感は抜群の相性です。そのほかには、チーズやチョコチップ、レーズンなどを混ぜたものもあり、バリエーションに富んでいるため好みに合うものを贈れます。

味も見た目も上品な「ザッハトルテ」

バレンタインケーキ,種類

出典:https://sweetsguide.jp/product/28099

「ザッハトルテ」は、オーストリアの代表的なチョコレートケーキです。ケーキの表面がつややかにコーティングされており、上品な雰囲気を醸し出しています。円形のケーキを意味するドイツ語の「トルテ」と、このケーキを考案した洋菓子職人「フランツ・ザッハー」から命名されたため「ザッハートルテ」とも言われています。

チョコレートを混ぜ合わせた生地を焼き、アプリコットジャムをスポンジの間にはさんだり、上部や側面に塗ったりしたものを最終的にチョコレートでコーティングし作り上げます。

ひと口食べると、濃厚なチョコレートとアプリコットジャムの酸味が掛け合わさり、上品な風味が広がります。この格別な味わいと、光沢のある美しい見た目から「チョコレートケーキの王様」とも呼ばれているケーキです。

「オペラ」のほろ苦さは大人の風味

バレンタインケーキ,種類

出典:https://sweetsguide.jp/product/3066

「オペラ」は、華やかなパリのオペラ座をモデルとして作られたといわれているフランス生まれのケーキです。チョコレートケーキ「オペラ」の見た目は、光沢ある表面のチョコレートに添えられた金箔が印象的で、これはオペラ座の屋根にあるアポローン像が持つ金色の琴を指すという説もあります。

「オペラ」は、コーヒー風味のシロップを染みこませた薄い生地の間に、同じくコーヒー風味のバタークリームとガナッシュ(生クリームを練り合わせたチョコレート)を交互に重ね、最後に表面をチョコレートでおおって作り上げたケーキです。

ほろ苦いコーヒーの風味とチョコレートのコクが融合する大人の味で、シンプルな見た目ながらも金箔の存在感が際立っています。

贈りたい相手に合わせて選ぼう

チョコレートケーキは、贈る相手に合わせて選ぶことができるほど、種類が豊富にあります。見た目や風味、食感も違うので、それぞれのケーキの特徴から贈りたい相手にぴったりのチョコレートケーキを見つけてみてください。きっと素敵なバレンタインを過ごせるはずです。