誕生日ケーキ おすすめ あなたにぴったりのケーキが見つかる

ケーキバイキングで元を取るコツは?いくつ食べればいいの?

ネット予約限定クーポン

好きなケーキを好きなだけ食べられるケーキバイキングは、甘いもの好きな人にとってはまさに天国ですよね! 定番のショートケーキに存在感たっぷりのチョコレートケーキ、さらに旬の果物で華やかに飾られたフルーツケーキ。様々なケーキがずらっと並んでいるだけで、ついワクワクしてしまいます。

せっかくケーキバイキングに行くなら、少しでもたくさん食べたいですよね。ここでは、ケーキバイキングで元を取るコツをご紹介します。ケーキバイキングに行ったのにあまり食べられなかった…とがっかりしないように、ぜひチェックしてくださいね。

ケーキバイキングで元を取るコツ

ケーキバイキング

せっかくケーキバイキングに行くなら、最低でも払ったお金の分は食べたいものです。ここではケーキバイキングで元を取るコツをご紹介するので、ぜひ参考にしてより多くのケーキを食べてくださいね!

バイキングに行く前

ケーキバイキングで元を取るための勝負は、お店に行く前からすでに始まっています! 少しでも多くのケーキを食べられるように、身体の調子を整え、しっかり準備しておきましょう。

前日の夕食はしっかり食べる

バイキングで元を取るためには、普段からしっかり食事を取ることが大切です。特に、前日の夕食は意識して多めに食べましょう。しっかり食べて胃袋を広げておくことで、次の日のバイキングでケーキをたくさん食べることができます。

当日の朝ご飯は軽く食べる

お昼に食べ放題に行くときには、朝ご飯は抜くという人も少なくありません。しかし、実はこれは逆効果。お腹がペコペコの状態だと、胃の働きが悪くなって普段よりも食べられなくなってしまいます。当日の朝はいつも通り、あるいは軽めに食べましょう。

食べ放題の前にトイレを済ます

ケーキバイキングは、時間制限がある場合が多いですよね。時間を無駄にしないためにも、食べ放題が始まる前にトイレは済ませておきましょう。バイキングは、時間と胃袋との戦いですよ!

よく食べる人を誘う

たくさん食べるためには、環境や気分も大切です。小食な友達と一緒だと、思い切り食べられませんよね。どうせなら大食い自慢の人を誘って、一緒にケーキにかぶりついてみてはいかがでしょうか。

バイキング中

お店に入ったら、いよいよ食べ放題の開始です。おいしいケーキをたくさん食べて、元を取りましょう!

ケーキの近くに座る

お店に入ったら、ケーキが並んでいる場所の近くの席に座りましょう。ケーキから離れた場所に座っていると、気付くとバイキングであることを忘れてまったりしてしまうもの。ケーキが見える位置にあれば、次はあれが食べたい!というモチベーションになりますよ。

原価の高いものを食べる

元を取るためには、原価の高いものを集中して食べるのが一番です。数あるケーキの中でも原価が高いのは、やはり果物を使っているもの。果物がたっぷりとのっているフルーツタルトなどは、他のケーキに比べて原価がぐっと高くなります。他に、アップルパイやモンブランなどもねらい目ですよ。

また、生クリームが原料になっているアイスクリームやソフトクリームも原価が高いスイーツです。ケーキバイキングでも並んでいることが多いので、こちらも狙っていきましょう。

軽いものから食べる

元を取るためとはいえ、同じ種類のケーキばかり食べていてはもったいないですよね。しかし、ずっしりとしたケーキをいきなり食べるとすぐにお腹いっぱいになってしまいます。いろいろな種類を食べる場合は、軽くてお腹に溜まらないものから攻めていきましょう。

おすすめの順番は、

①ゼリー、プリン、アイスクリーム、ソフトクリーム

②フルーツケーキ、スポンジケーキ

③チョコレートケーキ、チーズケーキ

です。

ついチョコレートケーキに目が行ってしまうかもしれませんが、ここはぐっと我慢です。お腹にずっしりとくるチョコレートケーキは、最後の楽しみにとっておきましょう。

一度にたくさんの量を取らない

食欲には、視覚も影響しています。プレートに様々な種類のケーキがたっぷりと盛られているのを見ると、それだけで心が満足いてしまいます。一度にたくさんの量をとるのではなく、少しずつプレートに盛りましょう。

同じ理由で、使用したプレートが山積みになっていると「こんなに食べたのか!」という気分になってしまいます。できれば店員さんに使用済みのプレートを下げてもらってくださいね。

途中でお口直しを

甘いケーキは大好きだけれど、甘いものばかり食べ続けるのは辛い…という人もいると思います。そんな人は、適度にお口直しをはさみましょう。

砂糖の入っていない紅茶やコーヒーを飲むと、それだけでお口直しになります。また、酸味のある果物を食べると口のなかがさっぱりしますね。

ケーキの他にパスタのような塩気のあるものを置いているケーキバイキングであれば、途中で軽く食べるのもおすすめです。一度しょっぱいものでお口直しをすると、また甘いものが食べたくなりますよ!

ケーキを何個食べれば元が取れる?

ケーキバイキング

ところで、ケーキをいくつ食べればケーキバイキングで元が取れるのでしょうか。ここでは、スイーツパラダイスと不二家のケーキ食べ放題でいちごショートケーキのみを食べた場合を考えてみました。

スイーツパラダイス

スイーツパラダイスは、甘いもの好きなら誰もが知っているスイーツと軽食が食べ放題のお店です。ケーキだけではなく、サラダやパスタもあるのが嬉しいですね。

スイーツパラダイスがやっているケーキ屋は価格の安さで有名で、定番のショートケーキ「ストロベリー」はたったの108円。スイーツパラダイスの食べ放題料金は大人1530円(制限時間は店舗によって異なる)なので、15個食べてやっと元が取れるという計算になります。(以下、価格は税込)

不二家

不二家は、洋菓子などの製造販売を中心とした有名食品メーカーです。そして、不二家が経営するお店ではケーキ食べ放題も行っています。

不二家のケーキ食べ放題は、制限時間60分で大人1680円です。不二家でベストセラーになっている三角ショートケーキは、305円。元を取るためには、三角ショートケーキを6つ食べる必要があります。(以下、価格は税別)

原価で元を取るのはさらに大変!

元を取るために食べなければいけないケーキの個数はお店によって異なるので、一概にはいえません。しかし、かなりの量を食べなければいけないのは間違いないでしょう。

そして、原価で元を取るのはさらに大変です。スイーツの中でも高いイメージのあるケーキですが、販売価格には人件費などが含まれていますので、その原価は意外と安く、1個およそ60円ほどといわれています。1500円のケーキバイキングに行って原価で元を取るためには、ケーキを25個食べなければいけない計算になります。

いくら甘いもの好きでも、60分など決められた時間内に25個のケーキを食べるのはかなりしんどいですよね…。相当なフードファイターでなければ、原価で元を取るのは難しいといえるでしょう。

まとめ

ケーキバイキング

ケーキバイキングは元が取れないから…といって躊躇する人もいますが、工夫次第で予想以上に食べることができます。ケーキバイキングに行くときには、ぜひここでご紹介したコツを参考にしてください。今日は元が取れた!と思えれば、楽しさも倍増ですね。

しかし、元を取ることにこだわってケーキを食べすぎると後から気持ち悪くなってしまいます。楽しむことが目的のケーキバイキングで体調を崩しては、本末転倒ですよね。

元を取るのも大切かもしれませんが、一番大切なのは満足できるかどうかです。そのことを忘れずに、ケーキバイキングを思い切り楽しんでくださいね!