誕生日ケーキ おすすめ あなたにぴったりのケーキが見つかる

【季節別】フルーツのおいしい時期をご紹介

フルーツ,おいしい,季節別

そのまま食べても、ケーキなどのスイーツに使ってもおいしいフルーツ。フルーツにはおいしい時期となる旬があります。季節別にご紹介します。

もれなくもらえる♪初回予約限定クーポン!

初回予約限定2,000円クーポン

初回予約限定1,000円クーポン

※どちらか1枚・1回のみご利用いただけます。

おいしいだけじゃなく体にも良い!

f:id:atoj:20170619161827j:plain

最近では、栽培方法の進歩によって季節はずれのフルーツも食べられるようになりました。しかし旬のフルーツは味がおいしいうえに、体にも良いとされています。その理由は、旬のフルーツは季節に順応して育っているため旬以外のフルーツよりも栄養価が高いからです。

昔の人は季節の移り変わりによる体調の変化を、旬の食材によって調整していたようです。そんな味も体にも良い旬のフルーツを季節ごとにご紹介します。

季節別のおいしいフルーツは?

フルーツ,おいしい,季節別

春(4~6月)が旬のフルーツ

4月…いちご、マンゴー、びわ、デコポン、甘夏みかん、清見、はっさくなど

5月…さくらんぼ、びわ、夏みかん、グレープフルーツ、メロンなど

6月…うめ、いちじく、あんず、すもも、スイカ、メロン、夏みかんなど

春には人気のマンゴー、メロンなどが旬を迎えます。また甘夏みかんやはっさくなどの柑橘類もこの時期に旬となるものがあります。

夏(7~9月)が旬のフルーツ

7月…桃、あんず、スイカ、ブルーベリー、ラズベリー、いちじく、メロン、すももなど

8月…巨峰、いちじく、桃、スイカ、梨、マスカット、プルーン、すももなど

9月…ぶとう、柿、梨、りんご、いちじく、栗、マスカット、かぼすなど

初夏になると桃やスイカ、ブルーベリーなどが旬を迎えます。8~9月なると、色々な品種がある梨やぶどうが旬となり、様々な味を楽しむことができます。

秋(10~12月)が旬のフルーツ

10月…柿、ぶどう、栗、いちじく、りんご、梨など

11月…早生みかん、ラ・フランス、ゆず、りんご、柿、ぶどうなど

12月…ゆず、だいだい、温州みかん、いよかん、ぶどう、りんごなど

実りの秋には梨やぶどうがまだまだ旬です。12月頃になるとみかんなどの柑橘系も旬を迎え始めます。

冬(1~3月)が旬のフルーツ

1月…温州みかん、ゆず、いちご、きんかん、ポンカン、みかんなど

2月…いちご、はっさく、デコポン、温州みかん、ポンカン、きんかんなど

3月…いちご、キウイフルーツ、ぶんたん、きんかんなど

冬は柑橘類が多く出回ります。また人気のいちごも2~3月に出荷のピークを迎えるものが多くなっています。

おいしいフルーツの選び方は?

フルーツ,おいしい,季節別

フルーツを買う時、どのように選んでいますか? 実は簡単な方法で、おいしいフルーツかどうかを見分けることができます。時期ごとに人気のフルーツの見分け方をご紹介します。

春が旬のフルーツの選び方

おいしいマンゴーの見分け方

とろりとした食感と濃厚な甘味が人気のマンゴー。スーパーで良く見かける赤いマンゴーは「アップルマンゴー」と呼ばれています。皮に傷がなく、ツヤがあってふっくらしたものを選びましょう。シワが寄っていて、触った手応えがぶよぶよしているものは古い可能性があります。また完熟したマンゴーはとても甘い香りがします。

白い粉のようなものがマンゴーの表面に見られることがありますが、これは病気や農薬ではないそうです。これは「プルーム」といい、完熟していないマンゴーによく見られます。病気から身を守る効果があり、熟すにつれてだんだんと消えていきます。

完熟してからおいしい時期は数日間ととても短いので、早めに食べるのがオススメです。

おいしいさくらんぼの見分け方

そのままでも、ケーキのトッピングとしても人気のさくらんぼ。日本国内で流通しているものは、ほとんどが佐藤錦という品種になるそうです。品種によって見分け方には若干の違いがあります。目安としては全体が均一に真っ赤になっていて、軸が太く鮮やかな緑色をしているものが良いそうです。また実にツヤがあり、傷がないものを選びましょう。長時間冷蔵庫で保存すると、甘味が薄れてしまうので買ったらすぐに食べるのがオススメです。

おいしいメロンの見分け方

一般的に網目があるメロンのことをネットメロンといいます。この網目が盛り上がっていて均一になっているものがオススメです。またお店で売っているメロンはまだ熟していない状態なので、冷蔵庫に入れず、2~3日常温の場所に置いて追熟させましょう。メロンのお尻の部分を押して柔らかければ食べごろです。2~3時間前に冷やしておくと、おいしく食べることができます。

夏が旬のフルーツの見分け方

おいしい桃の見分け方

上品な香りと甘さが人気の桃。そんな桃の見分け方で大事なのは、斑点状の模様。白いそばかすのような点が果実全体に広がっているものが良いそうです。この点は太陽をしっかりと浴びた証です。この点が広がっていると全体にまんべんなく太陽があたっているので、とても甘くなるのです。また香りがとてもいいもの、赤い色が濃いもの、縦にのびている割れ目から見て左右対称のものがオススメの桃となります。

桃は冷やしすぎると味が薄くなってしまうので、食べる1~2時間前に冷蔵庫で冷やしましょう。

おいしいスイカの見分け方

夏といえばスイカというくらい代名詞のフルーツです。スイカは模様がはっきりしているものほど甘いといわれています。また円に近い形のものを選びましょう。スイカはポンポンと良い音がするものが甘いともいわれていますが、判断が難しいので模様で見分けるのがオススメです。

スイカはメロンのように追熟させる必要がないので、買ったらすぐに食べるようにしましょう。こちらも食べる直前に冷やすのがオススメです。

秋が旬のフルーツの見分け方

おいしいぶどうの見分け方

秋は様々な品種のぶどうが旬を迎えます。ぶどうは果実がついている軸が緑色をしたものがオススメです。また果実の色がぶどうの品種そのものの色が濃いものを選びましょう。巨峰なら黒紫色、マスカットなら鮮やかな黄緑色、デラウェアなら少し濃い目の赤色などです。そして全体の粒が揃っていて、果実にハリのあるものがおいしいといわれます。

ぶどうは1房ずつ新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室に入れれば1週間は保存が可能です。しかし味はだんだんと落ちてくるので早めに食べましょう。

おいしい梨の見分け方

梨は8月頃から秋にかけて旬を迎えます。梨を見分けるポイントは梨のお尻の部分にある輪っかです。新鮮な梨はこの輪の外側が赤く、内側が若干青みがかっています。また輪の形が鮮明なほど、新鮮です。どっしりとしたものの方が水分量も多く、ジューシーな梨となります。冷やしすぎると甘味が薄れてしまうので、食べる直前に氷水などで冷やすか、食べる1時間前に冷蔵庫に入れて冷やすのがオススメです。

冬が旬のフルーツの見分け方

おいしいいちごの見分け方

フルーツの中でも人気のいちご。ケーキなどのスイーツにも良く使用されています。いちごは、表面にあるツブツブがくっきりしていて、果実の色が赤く均一なものを選びましょう。また新鮮なものはヘタが緑色でピンと立っています。いちごはあまり日持ちがしないので、購入した日か遅くても2~3日中に食べきるのがオススメです。

おいしいみかんの見分け方

冬の定番はこたつとみかんといわれるほど、日本人には馴染み深いですね。そんなみかんの選び方はまず形です。比較的楕円形に近いものを選びましょう。またヘタの部分が小さいほど甘くおいしいといわれています。みかんは冷蔵庫に入れておくと傷んでしまうので、冷暗所で保管しましょう。早生みかんはあまり日持ちしないので、1週間以内に食べきるのがオススメです。

まとめ

フルーツ,おいしい,季節別

現代では栽培方法が進歩し、年間通して食べられるフルーツも多くなってきました。しかしやはり旬のフルーツは味がおいしく、栄養価が高くなっています。季節を感じるためにも、身体のためにも旬のフルーツを是非食べてみてください。

『誕生日ケーキ』の予約はこちら